重要データ消失の際に|データ復旧業者で通常通りの仕事ができるようになる
男性

データ復旧業者で通常通りの仕事ができるようになる

重要データ消失の際に

人形とHDD

業者選び方ポイント

目覚しいIT化の進歩により、パソコンや外付けハードディスクなどの容量も大きくなっています。非常に便利ではありますが、その分トラブル時のデータ消失、データ復旧は大きな問題となります。特に企業などになりますと経営に関わる重要な問題となります。どうしてもデータを救済したい場合、データ復旧業者に依頼する事になります。ネット等で検索すれば様々なデータ復旧業者が見つかります。1社だけでなく複数の業者に見積もりを取れば大きく作業料金を値引きしてもらえるケースがあります。また、業者により作業スキルや設備は大きく違いますので、過去の作業実績や会社規模などを確認しておく事も重要です。業者により設備やスキルには雲泥の差があります。

事前打ち合わせが重要

データ復旧を依頼する際に最も重要視すべき点はその業者の実績です。データ復旧作業を依頼する場合、復旧できなくても必ず作業料金は発生します。業者によっては初めから復旧不可能とわかっていながらも作業を引き受け、データ復旧はできずに初めから作業料金のみを狙うケースもあります。その様な事態を避ける為にも事前に作業料金やデータ救済できなかった場合に関しての料金に関する具体的に説明を受ける事が重要です。その為には状況をわかりやすく伝える必要があります。パソコン単体のハードディスクなのか、RAID構成でデータ保存している機器なのか。データ容量はどのくらいかなどの情報です。しっかりした業者ならば予測される具体的な作業やデータ復旧できる可能性を想定してくれます。RAID構成の場合は非常にデータ救済は困難になりますので、100万円以上の作業料金が発生するケースも珍しくないのです。